専門家「集中議論が必要」 コロナ全数把握見直し

8/17 20:54
 加藤厚労相との意見交換後、取材に応じる政府対策分科会の尾身茂会長(中央)=17日午後、厚労省

 加藤勝信厚生労働相は17日、流行「第7波」が続く新型コロナウイルス対策を巡り厚労省で専門家らと意見交換した。政府の対策分科会の尾身茂会長が終了後に取材に応じ、感染者の全数把握をやめる場合は「データの質の低下を乗り越えるにはどんな方法があるか、集中的な議論が必要だ」との意見が専門家側から出たと述べた。

 尾身氏によると、8月初めに専門家有志がまとめた提言に関する議論の中で、全数把握の見直しも話題に上った。提言では全数把握に代わる方法として、一部の地域や医療機関などで得られる情報を活用し感染状況を把握することを提案していた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 加藤厚労相との意見交換後、取材に応じる政府対策分科会の尾身茂会長(中央)=17日午後、厚労省
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]