サル痘で2回目の緊急委へ 18日にもWHO、宣言検討

7/6 23:37
 WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は6日、欧米を中心に感染が拡大している動物由来のウイルス感染症「サル痘」が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当するかどうかを検討するために、2回目となる緊急委員会を招集すると明らかにした。今月18日の週か、必要ならそれ以前に招集するとした。

 サル痘の緊急委は各国の専門家16人で構成され、日本からは国立感染症研究所の斎藤智也感染症危機管理研究センター長が参加。6月23日に初会合を開いたが、その時点では緊急事態宣言には至らないとの結論に達し、テドロス氏も宣言発出を見送っていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]