国内のコロナ死者、3万人超に 高齢者中心、今年1万人増

5/13 23:45

 これまでに国内で報告された新型コロナウイルス感染症による死者が13日、計3万20人となった。今年に入ってオミクロン株の流行による感染者急増に伴い、高齢者を中心に死者数は1万1千人余り増えている。

 4月には感染状況が比較的落ち着いたが、大型連休中に人の行動が活発になったことから、今後感染者が増える懸念がある。厚生労働省のデータによると、年代別で感染者が最も多いのは20代だが、死者は高齢になるほど増加する傾向があり、最多は80代だ。

 この日に確認された新規感染者は3万9647人。内訳は東京4109人、北海道3034人、大阪3210人など。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]