東京、大阪で大規模接種 高齢者向けワクチン加速

5/24 08:39
 大阪市に開設された新型コロナウイルスワクチン大規模接種センター=24日午前(代表撮影)

 自衛隊が首都圏1都3県と関西3府県の高齢者を対象に運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターが24日午前8時、東京と大阪に開設された。30日までは東京23区と大阪市の住民が接種を受ける。厚生労働省が21日に承認した米モデルナ製を使用する。

 政府は7月末までの高齢者接種完了の目標を掲げており、感染抑制の切り札として、自衛隊を動員した大規模施設の設置を決めた。センターでは最大で1日当たり東京1万人、大阪5千人に接種する見込みだ。当初は作業に慣れるため、人数を抑え、初日は東京約5千人、大阪約2500人に接種する予定という。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大阪市に開設された新型コロナウイルスワクチン大規模接種センター=24日午前(代表撮影)
 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターに向かう高齢者=24日午前7時39分、東京都千代田区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]