高齢者5人に生理食塩水、沖縄 ワクチン接種ミス、健康被害なし

5/16 15:22

 沖縄県浦添市は16日、65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、5人に生理食塩水を注射するミスが15日にあったと発表した。健康被害はないとしている。5人が特定できないため、15日に同じ会場で接種を受けた212人を検査し、抗体を示す数値が低い人には、国や県と協議した上で再度ワクチンを打つ方針。

 市によると、ミスはワクチンの原液を生理食塩水で希釈する過程で起きた。希釈したワクチンを注射器に移し終わった後の容器に、誤って再び生理食塩水を入れ、それを注射した可能性が高いという。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]