国内外ニュース

真夏の夜空に光の尾、全国で観測 ペルセウス座流星群がピーク

2020年08月13日 10:56
「ペルセウス座流星群」が出現のピークを迎え、長野県阿智村の夜空で観測された流星(中央上)=12日午後10時33分(1分間露光)
「ペルセウス座流星群」が出現のピークを迎え、長野県阿智村の夜空で観測された流星(中央上)=12日午後10時33分(1分間露光)

「ペルセウス座流星群」が出現のピークを迎え、富士山上空で観測された流れ星=12日、静岡県富士宮市(午後11時28分から52分の間に撮影した4枚を合成、各10秒間露光)
「ペルセウス座流星群」が出現のピークを迎え、富士山上空で観測された流れ星=12日、静岡県富士宮市(午後11時28分から52分の間に撮影した4枚を合成、各10秒間露光)

岡山県倉敷市で撮影された「ペルセウス座流星群」の流れ星。中央は瀬戸大橋=13日午前3時27分(倉敷科学センターの三島和久学芸員提供)
岡山県倉敷市で撮影された「ペルセウス座流星群」の流れ星。中央は瀬戸大橋=13日午前3時27分(倉敷科学センターの三島和久学芸員提供)
 夏の夜空の風物詩「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日未明にかけて出現のピークを迎えた。明るい尾を引いて夜空を走る流れ星が全国各地で観測された。

 「日本一星空がきれいな村」に選ばれたことがある長野県阿智村では、雲の切れ間に流れ星が現れると、星空観察施設を訪れた観客から「今のは明るかったね」などと歓声が上がった。

 倉敷科学センターの三島和久学芸員は岡山県倉敷市で瀬戸大橋と一緒に撮影するのに成功。熊本県八代市では、木星と土星が並んだ近くを通り過ぎる流れ星が撮影された。静岡県富士宮市では、富士山の上空を幾筋もの光が走るのが観測できた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から