維新、内閣不信任提出要求 立民代表「総合的に判断」

12/8 18:26

 日本維新の会の馬場伸幸代表は8日の記者会見で、岸田内閣に対する不信任決議案の提出を立憲民主党に求めた。「予算委員会で追及するなら、堂々と出すべきだ」と述べた。立民の泉健太代表は自民党派閥の政治資金パーティー券問題を踏まえ「内閣は正当性を持たない状況だ。さまざまなことを総合し、最終的に判断する」と語った。

 国民民主党の榛葉賀津也幹事長は「いろんな選択肢があり得る。衆院解散に直結するので真剣に話し合いたい」と言及。共産党の田村智子政策委員長は「今の岸田内閣が国民の信に耐えないのは明らかだ」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]