「トリガー条項」29日に初協議 自公国3党、凍結解除巡り

11/29 13:20
 国民民主党の大塚耕平政調会長

 国民民主党は29日、ガソリン税を一部軽減する「トリガー条項」の凍結解除を巡る自民、公明両党との3党政策協議を30日に初開催すると明らかにした。燃油価格の補助金などの期限となる来年4月末を見据えて議論を始める。各党には温度差があり、協議の行方は見通せない。

 国民の大塚耕平政調会長が29日の党両院議員総会で、開催の方針を所属議員に伝えた。

 岸田文雄首相は28日の参院予算委員会で、自公国3党の協議に関し「結論に向け精力的に議論を進めてほしい。その結論を尊重し、私自身が判断する」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 国民民主党の大塚耕平政調会長
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]