与野党、防衛費増税に反発や疑問 自民、9日に財源巡り議論

12/8 19:22

 岸田首相が防衛費増額に向けた追加財源の一部を増税で賄う方針を示したことを受け、野党だけでなく自民党からも「なぜ今、増税論議をする必要があるのか」(党幹部)などと反発や疑問の声が上がった。自民党は9日に政調全体会議を開き、財源確保に関する議論を行うことを決めた。

 自民・安倍派の8日の会合では、増税に反対する意見が相次いだ。

 立憲民主党の長妻政調会長は「物価高で国民があえいでいる中での増税論議は、タイミングとして不適切だ」と批判。維新の馬場代表も「まずは身を切る改革が必要だ」と指摘した。

 共産党の志位委員長は「大軍拡、大増税に断固反対する」と強く非難した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]