旧統一教会との関係点検指示 首相、自民の全国会議員に通達へ

8/8 19:43

 岸田文雄首相(自民党総裁)は8日の党臨時役員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を巡り「国民に疑念を持たれないよう、政治家の責任で関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」と指示した。近く党所属国会議員全員に通達する。終了後、茂木敏充幹事長が記者会見で明らかにした。

 首相は「社会的に問題が指摘されている団体との関係は、十分注意しなければならない」と強調した。茂木氏は「これからは関係を持たないことが基本だ」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]