武田総務相、放送法改正も視野 違反公表見送り「認識甘かった」

4/13 10:24
 衆院総務委で謝罪するフジ・メディアHDの金光修社長。左は武田総務相=13日午前

 武田良太総務相は13日の衆院総務委員会で、フジ・メディア・ホールディングス(HD)の外資規制違反を受け「規制を抜本的に見直す。放送法の改正も視野に検討するよう指示した」と述べた。総務省の吉田博史情報流通行政局長は、同社から違反の報告を受けた2014年当時の対応について「公表することが適切だった。担当者の認識が甘かった」と不備を認めた。

 委員会にはフジ・メディアHDの金光修社長が出席。「多くの方にご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。違反を認識したのは総務省に報告する約1カ月前の14年10月末から11月初めだったことを明らかにした。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 衆院総務委で謝罪するフジ・メディアHDの金光修社長。左は武田総務相=13日午前
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]