東京五輪開催で「山の日」移動 8月8日に、改正特措法成立

11/27 12:23

 東京五輪開会式や閉会式に合わせて「山の日」などの祝日を来年に限り移動する改正五輪特別措置法が27日の参院本会議で、与野党の賛成多数により可決、成立した。大会の混雑回避や警備の円滑化が目的。新型コロナウイルスによる大会の1年延期を踏まえ、来年も祝日移動の特例措置を図る。山の日は8月11日から8日に変更する。

 本来10月11日の「スポーツの日」を五輪開会式の7月23日に、前日の22日には同19日の「海の日」をそれぞれ当てる。閉会式の8月8日は日曜で、山の日移動により翌9日を振り替え休日とし、都内の渋滞緩和を図る。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]