高校生平和大使「非核の道を」 被爆地の悲願、英語で発信

11/29 10:12
 米ニューヨークの国連本部前で行われた集会で話す「高校生平和大使」の尾崎心泉さん(中央)。左は安野美乃里さん=28日(共同)

 【ニューヨーク共同】核兵器廃絶を求める広島と長崎の「高校生平和大使」2人は28日、被爆者と共に国連本部前であった集会に参加した。「未来を生きる人の平和のために核廃絶の道を選択しよう」と被爆地の悲願を英語で語り、参加者から拍手が送られた。

 2人は核兵器禁止条約締約国会議に合わせ渡米した広島市の私立AICJ高1年の尾崎心泉さん(16)と、長崎県立長崎東高2年の安野美乃里さん(17)。原爆で黒焦げになった少年や、背中に大やけどを負った故谷口稜曄さんの写真を掲げ「原爆は人間らしく生きることも死ぬことも許さなかった。彼らに何の罪があったのか」と訴えた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 米ニューヨークの国連本部前で行われた集会で話す「高校生平和大使」の尾崎心泉さん(中央)。左は安野美乃里さん=28日(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]