東・西日本で荒天の恐れ 上空に寒気、落雷やひょう注意

6/25 11:47

 気象庁は25日、上空の寒気の影響で東北から西日本は26日にかけて大気の状態が不安定になるとして、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけた。ひょうが降る恐れもあるとしている。

 気象庁によると、上空約5500m付近に26日にかけて氷点下6度以下の寒気が流れ込み、日中の気温上昇も伴って大気の状態が安定しない。この状態は27日も続く可能性がある。発達した積乱雲が近づく兆しがあれば建物内に避難するよう呼びかけている。

 25日午前には前線の停滞に伴って北陸や九州を中心に激しい雨が降る場所があった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]