済生会、沖縄に病院再建の意向 戦火で消滅、支部の復活目指す

5/20 08:28
 1937年に開設し、沖縄戦で消滅した済生会の那覇診療所(済生会提供)

 社会福祉法人「恩賜財団済生会」(本部・東京都港区)が、太平洋戦争中に消滅した沖縄県内の支部の復活を目指している。沖縄の日本復帰50年に当たり、本年度中にも会としての方針を決定した上で、地元自治体の意向を聞き、病院などの設置に向けた現地調査を進める考えだ。

 済生会は1911年、医療によって生活困窮者を救済しようと、明治天皇が下賜したお手元金を基に設立された。総裁は歴代皇族が務め、2013年に秋篠宮さまが就任された。40都道府県で病院など約400施設を運営している。

 会誌などによると、沖縄には1937年に診療所を開設。45年の沖縄戦で建物などが失われた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 1937年に開設し、沖縄戦で消滅した済生会の那覇診療所(済生会提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]