70歳までの働き方「未定」6割 主要110社調査

5/9 16:22
 企業が準備した70歳までの就業確保策

 共同通信社が主要110社に行ったアンケートによると、希望者が70歳まで働ける環境づくりについて、59・1%の企業が「検討中」と回答した。政府は70歳までの就業機会確保を企業に求める法律を4月に施行したが、新型コロナウイルス感染拡大で経営の先行きが見通せず、思惑通りに進まない状況が浮かんだ。

 「検討中」とした企業は、理由に「業績が厳しく、コロナなどで先が読めない」(流通)「時期を含めて慎重に検討したい」(運輸)などを挙げた。「人件費への影響を検討する必要がある」(金融)との懸念も上がった。

 アンケートは3月上旬から実施。4月中旬にかけて回答を集計した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 企業が準備した70歳までの就業確保策
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]