週末、広い範囲で荒天に 土砂災害や浸水に警戒

4/16 19:18

 気象庁は16日、発達する低気圧の影響で東日本から北日本は18日にかけて風雨が強まり大荒れになるとして、土砂災害や浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。西日本や東日本では、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。ひょうが降る恐れもあり、海は大しけになる。

 気象庁によると、17日朝、西日本の太平洋側と日本海側に低気圧が一つずつ発生し、発達しながら北東に進む見込み。二つの低気圧に向かって暖かく湿った空気が流入し、大気の状態が非常に不安定になる。

 17日夕までの24時間予想雨量は、いずれも多い地域で、東海200ミリ、関東甲信80ミリ。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]