台風12号、温帯低気圧に 西日本は大雨の恐れ

9/24 17:18

 台風12号は24日、房総半島沖から関東の東の海上に進み、同日午後3時、温帯低気圧に変わった。今後は前線を伴い、発達しながら三陸沖に進み、26日にかけて北海道に接近する見通し。引き続き大雨の恐れがあるほか、東日本から北日本の広い範囲で強い風が吹く可能性があり、気象庁は警戒を呼び掛けた。

 一方、前線を伴った別の低気圧が九州の南西の海上から西日本の南岸を25日にかけて北東に進む見通し。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が安定せず、局地的に雷雲が発達し、警報級の大雨が降る恐れがあるという。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]