政倫審に塩谷、武田氏出席と伝達 自民、安倍派5人組は含まず

2/20 20:44
 自民党本部=東京・永田町

 自民党は20日、派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院の政治倫理審査会に、安倍派座長を務めた塩谷立氏と二階派の武田良太事務総長が出席すると野党側に伝達した。立憲民主党の安住淳国対委員長が記者団に明らかにした。安倍派「5人組」は固まっていない。二階俊博元幹事長は出席を見送る方向で調整する。野党は二階氏らを含む衆院議員51人の出席を要求していた。伝達に対し、4野党は不十分だと反発した。

 自民からの伝達を受けて立民、日本維新の会、共産、国民民主の4野党国対委員長が会談。塩谷、武田両氏の出席手続きを進めるとした一方「49人について返事がない。話にならない」とし2024年度予算案審議は進められないと確認した。今後自民が塩谷、武田両氏以外にも追加するかどうかが注目される。

 与党は衆院予算委員会理事会で、予算案採決の前提となる中央公聴会開催を当初の26日でなく27日とするよう再提案したが、野党は政倫審2人出席とした自民の回答を理由に拒否した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 自民党本部=東京・永田町
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]