首相、教団関係者と19年に面会 元米下院議長側が写真提供

12/8 12:00
 2019年10月に東京・永田町の自民党本部で面会した際の記念写真。左から旧統一教会の友好団体「天宙平和連合ジャパン」トップの梶栗正義氏、ギングリッチ元米下院議長、岸田首相(当時は党政調会長)、米教団元会長とされるマイケル・ジェンキンス氏(ギングリッチ氏の関係者提供・共同)

 ギングリッチ元米下院議長の関係者は7日、自民党政調会長だった岸田文雄首相と2019年10月に面会した際、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)関係者も同席していたと証言し、当時の記念写真を共同通信に提供した。首相は8日の衆院予算委員会で、教団関係者が同席していたかどうかは分からないと改めて強調した上で、関係者とやりとりをしたとも認識していないと否定した。

 ギングリッチ氏の関係者によると、19年10月4日に自民党本部で撮影。首相とギングリッチ氏を挟むように、米国の教団元会長とされるマイケル・ジェンキンス氏、旧統一教会の友好団体「天宙平和連合ジャパン」トップの梶栗正義氏の計4人が並んでいる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2019年10月に東京・永田町の自民党本部で面会した際の記念写真。左から旧統一教会の友好団体「天宙平和連合ジャパン」トップの梶栗正義氏、ギングリッチ元米下院議長、岸田首相(当時は党政調会長)、米教団元会長とされるマイケル・ジェンキンス氏(ギングリッチ氏の関係者提供・共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]