イスラエル、ガザ全域空爆 2学校で50人死亡か

12/5 07:14
 ガザ地区南部ハンユニスで、イスラエルの攻撃によって破壊された建物を捜索する人々=4日(ロイター=共同)

 【エルサレム共同】イスラエル軍は4日、パレスチナ自治区ガザ全域で空爆を実施したと発表した。パレスチナ通信によると、北部の二つの学校で少なくとも50人が死亡した。軍はイスラム組織ハマス掃討を目指して地上侵攻を拡大中。イスラエル紙ハーレツは軍が南部の最大都市ハンユニスで地上作戦を準備しているとし、英BBC放送は戦車が迫っていると報じた。

 ハーレツはハンユニスで戦闘開始以来、最大規模とみられる空爆があったとしている。パレスチナ通信によると、二つの学校は住民の避難場所だった。ハマスはハンユニス北方で軍の輸送車と戦車を攻撃したと主張した。

 中東の衛星テレビ、アルジャジーラは、ハンユニスで通信やインターネットが遮断されたと伝えた。軍は住民に大規模な退避を要求。混乱が続いている。

 ハマスの人質解放にかかわった赤十字国際委員会(ICRC)のスポリアリッチ委員長は4日、ガザを訪れ「人々の苦しみは耐えがたい。ガザには安全な場所がない。軍に包囲される中では、十分な人道的対応も不可能だ」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ガザ地区南部ハンユニスで、イスラエルの攻撃によって破壊された建物を捜索する人々=4日(ロイター=共同)
 イスラエル軍の攻撃で負傷し、病院に到着したパレスチナ人=4日、ガザ南部ハンユニス(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]