オスプレイ、海中で5遺体発見 屋久島沖墜落、2人収容

12/4 21:49
 米空軍のCV22オスプレイが墜落した現場海域を捜索する海上自衛隊の艦艇=4日午前6時50分、鹿児島県・屋久島沖

 鹿児島県・屋久島沖の米空軍輸送機CV22オスプレイ墜落事故で、在日米軍は4日、自衛隊との海中捜索により、機体の胴体部分とともに搭乗員5人の遺体を発見した。うち2人を引き揚げ、米軍は搭乗員とみて5日以降、残る3人も収容する方針。墜落機には8人が乗っており、事故の死者は計6人となった。海上保安庁などは残る2人の発見を急いでいる。

 11月29日の墜落直後から、屋久島沖では多くの残骸が見つかった。数メートルの物もあり、機体は大破したとみられる。米軍は日米地位協定に基づき、海保などが回収した残骸を順次引き取っている。

 12月4日午前11時ごろ、米軍は屋久島町内の倉庫から、ブルーシートで梱包された残骸をトラックの荷台に載せて屋久島空港に運んだ。その後も燃料タンクのような物など、搬送が続いた。

 米軍は、救難活動のために原子力空母カール・ビンソンを投入。中国封じ込めを念頭に、西太平洋に展開しており、捜索海域周辺への派遣は、事故に乗じた中国軍の動きをけん制する狙いもあるとみられる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 米空軍のCV22オスプレイが墜落した現場海域を捜索する海上自衛隊の艦艇=4日午前6時50分、鹿児島県・屋久島沖
 鹿児島県・屋久島の安房港に引き揚げられた、米軍CV22オスプレイの残骸とみられるもの=4日午後3時1分
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]