ガザ、5日連続で人質解放 戦闘休止延長、兵士の扱いに焦点

11/29 10:13
 28日に公表された、ハマス戦闘員から国際赤十字の関係者に引き渡される人質=パレスチナ自治区ガザ(ハマス軍事部門提供・ロイター=共同)

 【エルサレム共同】イスラエル首相府は28日、イスラム組織ハマスがパレスチナ自治区ガザで拘束する人質のうち、新たに12人が解放されたと発表した。仲介するカタール政府によると、これと交換でイスラエルも拘束していたパレスチナ人30人を釈放した。身柄交換は5日連続。ガザの戦闘休止合意は28日から2日間延長されていた。29日もハマスが人質10人を解放する見通し。

 米紙によると、カタールでは米国やイスラエルの高官らが戦闘休止の再延長や、さらなる人質解放に向けて協議した。ハマスがこれまで対象としている人質は、イスラエル人の女性や子どもら民間人で、兵士や男性の解放に向けた交渉に焦点が移りつつある。

 イスラエル首相府によると、今回解放されたのは17歳から84歳のイスラエル人女性10人と、タイ人2人。

 外国人の解放は合意とは別枠で実施され、男性も含まれている。5日間でハマスが解放した人質は外国人を含め計81人、イスラエルが釈放したパレスチナ人は計180人となった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 28日に公表された、ハマス戦闘員から国際赤十字の関係者に引き渡される人質=パレスチナ自治区ガザ(ハマス軍事部門提供・ロイター=共同)
 引き渡された人質を乗せた赤十字の車=28日、ガザ(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]