小中高生の視力1・0未満が最多 デジタル機器影響と分析、文科省

11/28 22:58
 裸眼視力1・0未満の小中高生の割合

 文部科学省は28日、2022年度の学校保健統計調査を発表した。裸眼視力が1・0未満の割合は小学生37・88%、中学生61・23%、高校生71・56%で、いずれも過去最多だった。視力低下が深刻で、同省は「スマートフォンやデジタル端末を使う時間が増えたため」と分析。目を画面から30センチ以上離すなどの活用を呼びかけている。

 視力1・0未満を学年別にみると、小1で23・20%、小6で53・19%などとなり、中高もおおむね学年が上がると悪化した。「裸眼視力0・3未満」も調べ、小学生11・99%、中学生28・26%、高校生42・11%で、小学生は過去最多。

 裸眼視力は1979年度から調査し、当時は1・0未満の小学生が17・91%、中学生35・19%、高校生53・02%だった。

 調査は一部の学校を抽出して健康診断結果を集計。19年度までは4〜6月の実施だったが、20年度以降は新型コロナの影響で年度末まで延長したため、文科省はこれまでの調査との単純比較は難しいとしている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 裸眼視力1・0未満の小中高生の割合
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]