ソフトバンクG赤字3兆円 国内最大、投資先株安響く

8/8 19:16
 記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=8日午後、東京都港区

 ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2022年4〜6月期連結決算は、純損益が3兆1627億円の赤字となり、7615億円の黒字だった前年同期から大幅に悪化した。金利上昇や景気後退懸念を受けた投資先企業の株価下落や、急速な円安進行が大きく響いた。証券大手の集計によると、赤字額は四半期決算として国内企業で過去最大となった。

 孫正義会長兼社長は東京都内で開いた記者会見で、22年1〜3月期に続き、4〜6月期も巨額赤字を計上したことについて「合わせて5兆円の赤字を出した。しっかり反省したい」と述べた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=8日午後、東京都港区
 ソフトバンクグループが入るビル=東京都港区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]