ロシア外交官が抗議の辞任 「主戦的で、うそと憎悪だけ」

5/24 05:12
 軍縮会議ロシア代表部で参事官を務めていたボリス・ボンダレフ氏(本人提供・AP=共同)

 【ジュネーブ共同】国連欧州本部があるスイス西部ジュネーブ駐在のロシアの外交官が、自国によるウクライナ侵攻に抗議し辞任したことが23日、分かった。関係者によると、辞任したのは軍縮会議ロシア代表部で参事官を務めていたボリス・ボンダレフ氏で、外交官生活20年のベテラン。

 ロシア外務省を「主戦的で、うそと憎悪だけになっており、外交の役割を果たしていない」と指摘した。

 ボンダレフ氏は23日の声明で「プーチンが引き起こした侵略戦争は、ウクライナ人、そしてロシア国民に対する犯罪でもある」と痛烈に批判。今回の侵攻ほど「恥ずかしいと感じたことはない」と表明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 軍縮会議ロシア代表部で参事官を務めていたボリス・ボンダレフ氏(本人提供・AP=共同)
 3月、フランス・ストラスブールの欧州評議会で取り外されるロシア国旗(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]