北朝鮮、1日で発熱17万人 コロナ疑い、重大事態と金正恩氏

5/14 19:11
 朝鮮労働党の政治局協議会を終え、引き揚げるマスク姿の金正恩総書記。北朝鮮の朝鮮中央テレビが14日放映した(共同)

 【北京共同】新型コロナウイルスの感染が拡大している北朝鮮で、国営メディアは14日、感染が疑われる発熱患者が13日だけで17万4400人超確認されたと報じた。1万8千人超だった前日の9倍以上に急増した。4月末以降の発熱患者の累計は約52万人で、2週間超で北朝鮮の人口約2588万人の2%に達した。

 発熱のない無症状感染者も多数いるとみられる。金正恩朝鮮労働党総書記は14日に平壌で開いた党政治局協議会で「建国以来の大動乱と言える」と発言。朝鮮戦争(1950〜53年)に匹敵する重大な事態との認識を示した。

 当局は行政区域間の移動を禁じ全住民の検診を進めている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 朝鮮労働党の政治局協議会を終え、引き揚げるマスク姿の金正恩総書記。北朝鮮の朝鮮中央テレビが14日放映した(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]