1000mで高木美帆が優勝 スピードスケートW杯第3戦

12/5 08:12
 女子1000メートルで優勝し、メダルを胸にする高木美帆(中央)=ソルトレークシティー(USAトゥデー・ロイター=共同)

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は4日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1000メートルは高木美帆が1分11秒83で優勝した。この種目では5年ぶりの通算2勝目。小平奈緒は7位だった。

 女子500メートルは小平が37秒19で8位に終わり郷亜里砂が11位。アンゼリカ・ブイチク(ポーランド)が優勝した。男子1500メートルは小田卓朗が1分42秒44で5位、一戸誠太郎が7位となり、ジョーイ・マンティア(米国)が制した。

 女子団体追い抜きで世界記録を持つ高木美、高木菜那、佐藤綾乃の日本は高木菜が転倒して最下位。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 女子1000メートルで優勝し、メダルを胸にする高木美帆(中央)=ソルトレークシティー(USAトゥデー・ロイター=共同)
 女子1000メートル 優勝した高木美帆=ソルトレークシティー(AP=共同)
 女子500メートル 8位の小平奈緒=ソルトレークシティー(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]