中国「政治問題化」と反発 女子テニス大会見合わせ

12/2 19:10
 記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=2日、北京(共同)

 中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した同国の女子テニス選手、彭帥さんの問題を巡り、女子テニス協会(WTA)が中国での大会開催見合わせを決めたことを受け、中国外務省の汪文斌副報道局長は2日の記者会見で「スポーツの政治問題化に断固反対する」と述べ反発した。一方、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は、東京都内で「正しい判断だと思う」とWTAを支持する考えを示した。

 問題の存在自体を認めていない中国の習近平指導部は、WTAの厳しい姿勢が来年2月の北京冬季五輪に影響しかねないと警戒を強めているとみられる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=2日、北京(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]