受診控え、がん患者6万人減 20年、コロナ影響で初めて

11/26 00:00
 主ながんの診断数(がん診療連携拠点病院)

 国立がん研究センターは25日、全国のがん診療連携拠点病院などで2020年に新たにがんと診断された人は、19年と比べて6万人減ったと発表した。1施設当たりの減少割合は4・6%だった。増加傾向にあるがん患者数が実際に減ったとは考えにくく、新型コロナの影響で、検診や受診を控える人が増えた影響とみられる。今後、がんの発見が遅れ、進行した状態で見つかる人が増えると懸念される。

 がんの診断数が減ったのは07年の集計開始以来初めて。がん治療は早期に始めるほど生存率が上がる傾向があり、厚労省は「がん検診などの受診は、不要不急の外出に当たらない」として、受診を勧奨した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 主ながんの診断数(がん診療連携拠点病院)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]