首相、派閥の身内回り足場固め 野党、保守地盤の切り崩し狙う

10/26 19:21
 街頭演説に耳を傾ける有権者ら=26日午後、さいたま市

 与野党は26日、衆院選後半戦で激戦区を中心に幹部を送り込み、舌戦を繰り広げた。岸田文雄首相(自民党総裁)は木原誠二官房副長官ら自身が率いる派閥のメンバーら身内を中心に応援に回り、足場固めを図った。立憲民主党の枝野幸男代表は保守地盤の宮崎、鹿児島両県に入り、切り崩しを狙った。与野党とも期日前投票を重視。支持者らに早期投票を呼び掛ける。

 首相は茨城県つくば市で「農業を成長産業として支える」と農産物の輸出を後押しする考えを示した。共産党の志位和夫委員長は長野県茅野市で「米価暴落は自民党農政による人災だ」と指弾した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 街頭演説に耳を傾ける有権者ら=26日午後、さいたま市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]