コロナで入院費5000万円 ブラジル、日系男性に支援

10/15 15:40
 サンパウロの病院を退院したカルロス・マサトシ・ヒガさん(中央)=4日(家族提供・共同)

 【サンパウロ共同】ブラジル・サンパウロに住む日系人男性(72)が、新型コロナウイルスに感染し190日以上の入院を余儀なくされた。今月4日に退院したが、入院費用が約260万レアル(約5300万円)に膨れ上がり、家族がインターネット上で寄付を呼び掛けた。働き者で、地域で慕われていた男性に支援が広がっている。

 家族や現地メディアによると、男性は沖縄県本部町出身の父と福岡県出身の母を持つ日系2世のカルロス・マサトシ・ヒガさん。1回目のワクチン接種をした後の今年3月に新型コロナに感染、入院した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 サンパウロの病院を退院したカルロス・マサトシ・ヒガさん(中央)=4日(家族提供・共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]