国内も変異株ワクチン開発に着手 アンジェス、塩野義製薬

5/9 15:34
 海外製の新型コロナワクチンのイメージ写真(ロイター=共同)

 国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた日本感染症学会学術講演会で明らかにした。変異がある南アフリカ株などでは従来ワクチンの効果が弱まる可能性が指摘されている。

 アンジェスはウイルスの遺伝情報を生かしたDNAワクチンを開発中。既に進めているものとは別に、南アフリカ株やブラジル株に対応できるワクチン候補の検討に入った。

 塩野義製薬は組み換えタンパクワクチンを開発中で、どんな物質を投与すれば変異株への免疫がつくかを調べ始めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 海外製の新型コロナワクチンのイメージ写真(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]