「医療への重大な影響生じる」 専門家組織が分析

11/24 23:30
 会合後に記者会見する、専門家組織座長の脇田隆字・国立感染症研究所長(左)=24日午後、東京都千代田区

 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織は24日、地域によっては既に急速に感染が拡大しており、今のままでは医療提供体制に重大な影響を生じると指摘した分析結果をまとめた。医療体制が厳しい地域として北海道と関東圏、中部圏、関西圏を挙げた。

 専門家組織は「このままの状況が続けば、通常の医療で助けられる命が助けられなくなる」として「Go To トラベル」の見直しなどの対策を政府や自治体が速やかに実行するよう求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 会合後に記者会見する、専門家組織座長の脇田隆字・国立感染症研究所長(左)=24日午後、東京都千代田区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]