アシカが交通安全の推進大使に 島根、反射材の着用呼び掛け

7/22 15:14
 反射材の着用を呼び掛ける「推進大使」に就任したアシカの「ニーナ」と、飼育員の水野美華さん=21日、島根県浜田市

 島根県浜田市久代町の水族館「県立しまね海洋館アクアス」で人気の雌のアシカ「ニーナ」が夕暮れ時や夜間の交通事故を防ぐため、反射材の着用を呼び掛ける「推進大使」に就任した。県警浜田署が推進業務を委嘱した。アシカを頭文字とする「あいうえお作文」で「あるく時 しっかり かがやく反射材」を標語にニーナと普及を促す。

 アクアスで21日に開かれた委嘱式では、飼育員の水野美華さん(29)からニーナへ「キラリ推進大使」と記した、たすきが掛けられた。ニーナは水野さんの「暗い時は反射材を着けましょう」との掛け声に合わせて大きな鳴き声を発し、意気込んでいる様子だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 反射材の着用を呼び掛ける「推進大使」に就任したアシカの「ニーナ」と、飼育員の水野美華さん=21日、島根県浜田市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]