NY株続落、64ドル安 利益確定売りが優勢に

2/21 06:57
 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=20日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】連休明け20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比64・19ドル安の3万8563・80ドルで取引を終えた。株価がこのところ最高値圏で推移していた中で、利益確定の売り注文が優勢となった。

 一方、この日発表した決算が堅調だった小売りのウォルマートが大きく上昇したのが相場を下支えしたため、下値は限られた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も続落し、144・87ポイント安の1万5630・78。

 他の個別銘柄では、建設機械のキャタピラー、娯楽・メディアのウォルト・ディズニーの下落が目立った。半導体のインテルは買われた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=20日(ロイター=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]