「トヨタ工業学園」で卒業式 249人が生産開発現場へ

2/20 15:55
 トヨタ工業学園の卒業式で、あいさつするトヨタ自動車の豊田章男会長=20日午前、愛知県豊田市

 トヨタ自動車は20日、愛知県豊田市の本社で企業内訓練校「トヨタ工業学園」の卒業式を開いた。今年は車造りの技術を学んだ249人が卒業し、3月1日付で正社員としてトヨタの生産・開発現場に配属される。

 豊田章男会長は式典のあいさつで、先月発表したグループビジョン「次の道を発明しよう」を紹介。卒業生の数だけ「道はあっていい。もっと勉強し、技を磨き、良いモノをつくってください」と呼びかけた。

 学園は1938年開校の豊田工科青年学校が前身で、これまでに2万人近くの技能者を育てた。工業高校の卒業資格を得られる3年間の「高等部」と高卒者を対象とする1年間の「専門部」がある。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 トヨタ工業学園の卒業式で、あいさつするトヨタ自動車の豊田章男会長=20日午前、愛知県豊田市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]