道路情報、AIで可視化 KDDIとトヨタが連携

2/20 11:33
 トヨタ自動車との連携策を発表するKDDIの説明会=20日午前、東京都内

 KDDIは20日、トヨタ自動車と連携し、インターネットに接続したコネクテッドカー(つながる車)から得られる道路情報を人工知能(AI)で解析し、事故が多い場所などのデータを可視化して提供するサービスを今春から始めると発表した。最新の通信技術を生かし、適切な道路標識の設置などにつなげる狙いだ。

 データは「危険地点スコアリング」として、自治体や企業向けに提供。トヨタ車からの情報と、歩行者数などKDDIが持つスマートフォンから得られる情報を総合して活用する。両社は2020年に業務資本提携し、車向けシステムの共同開発を進めている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 トヨタ自動車との連携策を発表するKDDIの説明会=20日午前、東京都内
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]