シャウエッセン脱巾着型でプラ減 包装変更へ

1/17 16:41
 日本ハムのシャウエッセンの新包装(左)と従来の巾着型包装

 日本ハムは2月から主力ソーセージ「シャウエッセン」の包装を変更する。1985年の発売以来続けてきた袋の上部を縛る「巾着型」をやめ、袋を小さくしてプラスチックの使用を重量ベースで約3割減らす。環境負荷軽減が狙い。

 現在はテープで縛るために縦長で上部に余裕を持たせていたが、変更後は一般的な長方形の袋になる。新包装の試験販売では売れ行きに変化がなかったとしており、4月末をめどに切り替えを完了する予定だ。

 「グランドアルトバイエルン」を販売する伊藤ハム、「香薫あらびきポーク」を扱うプリマハムも同様に巾着型の変更を検討している。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 日本ハムのシャウエッセンの新包装(左)と従来の巾着型包装
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]