新型任天堂スイッチ、販売堅調 発売3日で13万台

10/15 16:56

 ゲーム情報誌「ファミ通」は15日までに、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の新モデルについて、発売3日間(8〜10日)の国内推定販売台数が約13万8千台に上ると発表した。通常モデルの発売から4年半が過ぎた時期の新モデル投入だが、堅調な滑り出しといえそうだ。

 発売したのは有機ELを採用した上級モデル。ファミ通は「マリオパーティ」や「ポケットモンスター」といった人気ソフトの新作が近く発売されることから「さらなる販売台数の伸びが期待される」とした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]