ホンダ、純利益44%増 中国で回復、コスト削減効果

5/14 20:03

 ホンダが14日発表した2021年3月期連結決算は、純利益が前期比44・3%増の6574億円となった。主力市場の中国で新型コロナウイルス禍の落ち込みから回復したほか、販管費といったコスト削減などで増益を確保した。売上高は11・8%減の13兆1705億円だった。

 四輪車の世界販売台数は5・1%減の454万6千台。中国は政府の消費刺激策の効果もあり、過去最高を記録した。一方、日本や米国は前期を下回った。二輪車は21・8%減の1513万2千台だった。

 22年3月期は売上高が15・4%増の15兆2千億円、純利益が10・3%減の5900億円と増収減益を予想した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]