ふるさと納税の申請、全て認める 10月以降、1786自治体

9/24 18:03

 総務省は24日、ふるさと納税制度に10月1日以降も参加を希望すると申請があった1786自治体について、参加を認めたと発表した。期間は来年9月末まで。過去の寄付募集に問題があったとして昨年、制度からいったん除外した大阪府泉佐野市や静岡県小山町など4市町(いずれも今年7月に復帰済み)も認めた。

 全1788自治体のうち、返礼品の基準違反を理由に2年間制度から除外されている高知県奈半利町と、ふるさと納税制度に反対している東京都の2自治体は、参加を申請しなかった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]