金の小売価格、3日連続高値 米中対立で1グラム7769円

8/7 17:16

 地金大手の田中貴金属工業(東京)は7日、「有事の安全資産」とされる金の需要増加に合わせ1グラム当たりの税込み店頭価格を前日比118円高の7769円に設定した。国内の小売指標価格として過去最高値を3営業日連続で更新した。今年初めと比べると3割余り高い水準となった。

 大阪取引所では、株価終値に相当する先物指標の清算値(税抜き)が56円高の7千円ちょうどで、初めて7千円台に達した。最高値更新は5営業日連続。情報通信分野や台湾を巡る米中対立に加え、新型コロナウイルス感染の拡大が要因。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]