工藤、黒沢作品を話題作上映 ベルリン国際映画祭

2/20 08:37
 上映後の質疑応答で登壇した黒沢清監督(右端)と工藤梨穂監督(左端)ら=19日、ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】ドイツで開催中の第74回ベルリン国際映画祭で、話題作を取り上げるベルリナーレ・スペシャル部門に出品されている工藤梨穂監督の「オーガスト・マイ・ヘヴン」と黒沢清監督の「Chime(チャイム)」が19日(日本時間20日)上映され、観客から盛大な拍手が送られた。

 「オーガスト―」は、依頼を受けて冠婚葬祭などに出席する「代理出席屋」の女が、行きつけの中華料理屋の店員らと旅に出る。「Chime」は、料理教室の講師として働く男が恐ろしい世界に立ち入っていく物語。いずれも40分ほどの中編で、続けて上映された。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 上映後の質疑応答で登壇した黒沢清監督(右端)と工藤梨穂監督(左端)ら=19日、ベルリン(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]