「百円の恋」中国リメークが人気 春節の映画興収で首位

2/19 17:34
 北京市内に掲示された映画「熱辣滾トウ」のポスター=19日(共同)

 【北京共同】中国で邦画「百円の恋」をリメークした「熱辣滾トウ」の興行収入が10〜17日の春節(旧正月)連休中に27億1500万元(約560億円)に上り、この期間中に上映された映画で首位だった。中国メディアが19日報じた。主演俳優が役作りで厳しい減量に成功した姿に共感が広がり、SNSには「新年にやる気になった」との投稿が相次いだ。

 春節連休中の中国全体の映画興行収入は80億元を超え、過去最高だった。連休初日の10日に公開された同作品の興行収入は全体の約3割を占める。

 2014年公開の「百円の恋」は安藤サクラさんが主演し、ニートの女性がボクシングを始めて人生が変わっていく展開だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 北京市内に掲示された映画「熱辣滾トウ」のポスター=19日(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]