想田監督作に温かい拍手 ベルリン国際映画祭

2/17 22:35
 第74回ベルリン国際映画祭で、観客の前であいさつする想田和弘監督(中央)=17日、ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】ドイツで開催中の第74回ベルリン国際映画祭で、革新的な作品を集めたフォーラム部門に選出された想田和弘監督のドキュメンタリー「五香宮の猫」が17日、上映された。多くの野良猫がすみつく岡山県瀬戸内市の神社を舞台に、さまざまな人々や動植物の世界を写した作品に、詰めかけた観客から温かい拍手が送られた。

 想田監督は英語で「とてもうれしく思っています。全ての人と猫、昆虫、木々に感謝します」とあいさつ。上映後の質疑応答では「猫だけではなく、自然のサイクルについての映画になった」などと語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 第74回ベルリン国際映画祭で、観客の前であいさつする想田和弘監督(中央)=17日、ベルリン(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]