独裁者描く映画、ロシア上映禁止 ソクーロフ監督「ソ連のよう」

12/4 09:37
 アレクサンドル・ソクーロフ監督=2022年6月、モスクワ(タス=共同)

 映画「エルミタージュ幻想」などで知られるロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が、2022年の作品「独裁者たちのとき」の国内上映を文化省に禁じられたとして「私の作品全ての上映が禁止されたソ連時代のようだ」と批判した。独立系メディア「メドゥーザ」が3日伝えた。

 プーチン政権に批判的な著名テレビ司会者クセーニヤ・サプチャク氏が3日、ユーチューブでこの映画を公開。ユーチューブの動画にはソクーロフ氏を招いて開催した私的な上映会の様子も含まれている。サプチャク氏は通信アプリで「文化省は説明もなく禁じた」と指摘した。

 この映画は日本では今年4月に公開された。(共同)

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 アレクサンドル・ソクーロフ監督=2022年6月、モスクワ(タス=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]