TBS内で男性が性被害か 旧ジャニーズ問題で報告書

11/26 11:58
 TBS本社=9月、東京都港区

 TBSホールディングスは26日、旧ジャニーズ事務所創業者のジャニー喜多川氏(2019年死去)による性加害問題を巡り、同事務所との関わりなどを調査した特別調査委員会の報告書を公表。40年前「(喜多川氏から)TBSで性加害に遭った」と訴える元ジャニーズJr.の男性の証言があったと明らかにした。

 報告書によると、証言は調査の過程で判明。1983年にTBSホール(当時)で、同事務所の非公開オーディションが行われた際、客席で喜多川氏の隣に座らされ、体を触られる性被害を受けたという。だが当時の状況を知る関係者が見つからず、詳細は検証できなかったという。

 2009年に公然わいせつ容疑で逮捕された同事務所タレントが釈放された際、編成局の担当者らが事務所関係者の要望に応じて、報道陣に追われるタレントの車を自社の駐車場に招き入れた経緯も記載。「過剰な便宜供与だった」とした。

 一連の性加害問題を報じるのが遅れた背景について「一定の忖度があったと言われても否定できない」とする報道幹部の証言も掲載した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 TBS本社=9月、東京都港区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]