飛鳥美人、従来推定の顔料と一致 文化庁検討会、エックス線で分析

11/28 16:35
 エックス線を用いた手法で分析される高松塚古墳壁画(文化庁提供)

 文化庁の「古墳壁画の保存活用に関する検討会」が28日、東京都内で開かれた。奈良県明日香村の国宝・高松塚古墳壁画について、エックス線を用いた分析で「飛鳥美人」として知られる西壁女子群像から、これまで推定されていた顔料と一致する測定結果が出たと明らかにした。

 7月に女子群像が描かれた西壁を「エックス線回折分析」の手法で調査した。女性が身につける装束の赤色、青色、緑色部分はそれぞれ辰砂、群青、緑青という顔料による彩色と考えられ、従来の推定と一致した。今後は東壁に描かれた四神「青竜」の顔料についても調査を行う予定。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 エックス線を用いた手法で分析される高松塚古墳壁画(文化庁提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]