バンクシーの細断作品28億円 前回額の18倍で落札

10/15 08:39
 バンクシーの作品「愛はごみ箱の中に」を持つ展示担当者=9月3日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】2018年に落札直後にシュレッダーで半分ほど細断された、素性不明の芸術家バンクシーの作品「愛はごみ箱の中に」が14日、ロンドンで再競売にかけられ、手数料込みで前回落札額の18倍近い1858万ポンド(約28億8千万円)で落札された。予想落札額は400万〜600万ポンドだった。英メディアが伝えた。

 競売大手サザビーズによると、バンクシー作品としては過去最高額。落札したのはアジアの収集家だという。

 作品は、18年10月の競売で落札された直後、額縁の中を下がり始め、バンクシー自身により仕掛けられた額縁内のシュレッダーで半分ほど細断された。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 バンクシーの作品「愛はごみ箱の中に」を持つ展示担当者=9月3日、ロンドン(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]